法人カードとは

1corporate-card

法人カードがおすすめな理由

法人カードは普通のクレジットカードとなにが違うのか。なぜ多くの企業が導入しているのか。それは法人カードが、特に経費の管理の面で企業に大きなメリットをもたらすからです。

法人カードの仕組みは、わたしたちが持っている個人のクレジットカードとほぼ同じです。支払いの際にカードを提示することで、クレジットカード会社に一時的に支払いを肩代わりしてもらうというもの。企業においては、次のような利点があります。

支払いの手間がかからないということ。カードなしで備品を買ったり、料金の支払いをしたりする場合にはいちいち領収書を書く必要があります。ときには立て替え払いをしなければならず、社員にも負担がかかってしまいます。カードで支払うことによって、領収書も必要なくなりますし、立て替えも不要になるのです。支払いが一本化することによって、経費の計算も楽になり、振り込み手数料もかからなくなります。

法人カードは法人名義

法人カードは、その名の通り法人が契約の対象となります。個人で契約することができるのは、個人事業主だけです。

契約の際には代表者の証明も必要となりますし、審査では与信も考慮に入れられます。これらのことから、個人名義なのではないかと勘違いしてしまいがちです。しかし、実際にクレジットカード会社と契約しているのは法人です。

法人とは、法律によって人と定められた存在です。代表者や特定の人物だけを指すものでも、あるいは会社の建物などの具体的なものを指すものでもありません。すべての代表を含むすべての構成員や、その集団の働きなどのすべての相対が法人なのです。

法人カードのキモ

結局、法人カードとはどのようなクレジットカードなのでしょうか。定義するとすれば、「契約対象が法人である」ことでしょう。法人カード、あるいはビジネスカードやコーポレートカードとして提供されているものは、サービスの内容はさまざまですし、それぞれに特徴があります。共通して言えることは、個人では持つことができないという点のみです。法人カードは、一般に経費管理の簡略化を目指して導入されます。経費自体を削減することもできますし、計上の手間を少なくすることも可能です。また大抵は、業務をするうえで有利な付加サービスも提供されるため、それを目的としている場合もあります。

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る