保険で選ぶ法人カード

13insurance

国内の旅行・出張であっても保険がつく場合がある

多くの法人カード、特にゴールド以上のカードでは保険が自動付帯するものが多いようです。保険と言うと海外での怪我や病気などに対する保障がすぐに思い浮かぶ人もいるかもしれません。しかし、多くの法人カードには国内国外両方の保険を受けることが可能です。

高い場合だと一億円までの保障がされることもあります。多くは国内国外ともに5000万円ほどが上限になっていることが多いようです。

しかし、上限が適応されるケースと言うのは死亡や、障害が残る怪我を負った場合なので、そういった事態に合わないに越したことはありませんね。

カード年会費が安くても様々な保険が付帯されるケースも

年会費の高いカードだからと言って、保険料が高くなるという訳ではありません。年会費が低く設定されているカードであっても、十分な保険サービスが付帯してくるものもあります。

しかし、一般カードなどあまりに年会費が低く設定されているものは保険サービスが十分に利用できない場合も多くあります。

保険として代表的なものは、怪我や病気などへの保険、ショッピング保障です。行ってしまえば、社員も企業にとって大切な財産なので、それに対しては多額の保険がかけられます。またカードを使って買った商品に足しても保険がかかることがおおいようです。

ショッピングガードの付与

ショッピングガードとは、カードを利用して購入した商品に対して保険が付くというものです。カードで購入した品物が壊れてしまったり、あるいは盗難されてしまった場合などに保険金がおります。

もちろん、期間や金額には制限が存在します。たとえば過去三カ月以内に購入したものであるとか、金額の上限は100万円までという感じです。

法人で購入する品物は、それが無くなってしまうと商売がうまく出来なくなってしまうという可能性もあります。何か道具を使って商売をしている企業は、このような保険が充実しているカードを選ぶのも良いでしょう。

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る