審査が甘い法人カード

5review

有名なカード会社であればあるほど厳しいと言われる

法人カードによって審査の厳しさに差があるのは、考えてみれば当たり前のことです。各社足並みそろえた審査基準を設けている訳ではありません。

一般に有名なカード会社であるほどに、審査が厳しくなるという傾向にあるようです。有名であるということは信頼が高いということ。その信頼性を維持するために、勢い審査も厳しくなってしまいます。

しかし、有名といっても「利用者がおおい」という意味の有名ならば話は変わってきます。利用者が多いということは、審査がそれほど厳しくないということを意味しているのです。

運営状態、法人の運営期間によって発行の難易度は異なる

法人カードの審査は、クレジットカード会社によって異なります。それではカード会社はどのような視点で審査を行っているのでしょうか。

法人がどれだけ長く運営しているか、どんな状態にあるか、というのが審査する項目です。運営期間が長いということは、経済的にも安定しているということを意味しています。また業務の回転具合や人脈の広がりも良好であることが予想されるため、一定以上の運営期間が必要だというのが定説です。

またいくら、歴史が長くとも経済状態が悪くては、審査を通過することはできません。赤字が続いていると、それだけで落とされてしまうことがあるので注意しましょう。

製造業者・消費者金融業者が出資元となっているケース

製造業、あるいは消費者金融が出資している法人カードの方が審査に通りやすい傾向にあるようです。それらのカードは、発行部数が増えることで、本業の利益を伸ばす効果が期待できます。そのため、審査を甘くし、顧客の確保を優先しているのです。

しかし、審査が甘いことがいいとは一概には言えません。クレジットカードが持っている一つの効果が、「信頼性を担保する」と言うものです。

審査が厳しいと言われているカードを持っていれば、それだけで対外的な信頼性がましてきます。審査が甘いカードはこのような効果が薄いと言わざるをえません。

関連記事

関連記事

  • 5review
    審査が甘い法人カード

    有名なカード会社であればあるほど厳しいと言われる 法人カードによって審査の厳し…

  • 1corporate-card
    法人カードとは

    法人カードがおすすめな理由 法人カードは普通のクレジットカードとなにが違うのか…

  • 10gasoline
    人気のガソリン法人カード

    JCBシナジーカードはオススメ いくつかの石油元売り企業が、燃料補給に適した法…

ページ上部へ戻る